B!

Facebookチャットボットとは?導入のメリットと使い方を解説!

Facebookチャットボットとは?導入のメリットと使い方を解説!
チャットボットという言葉を聞いたことはありますでしょうか。

自動返答と呼ばれるもので、ユーザーの入力に対しあらかじめプログラムされた回答を自動的に返すものをチャットボットといいます。

SNSを利用した新たなマーケティングの手法として注目されているのがFacebookチャットボットです。

そこでこの記事では、チャットボットの使い方や導入の仕方、企業のチャットボット使用事例、Facebookチャットボットを利用するメリットについてお伝えします。

Facebookチャットボットを新たな自社のSNSサービスとして検討してみてはいかがでしょうか。

Facebookチャットボットって何?

まずはFacebookチャットボットとは何か、どのように利用するのか、導入の方法をご紹介します。

Facebookチャットボットとは?

Facebook上でユーザーとコミュニケーションをとる手段は以下の2通りあります。

・Facebookページ内でコメント欄を使ったやり取り
・Facebookメッセンジャーを利用したメッセージのやり取り

Facebookメッセンジャーを使うとユーザー同士がアプリを使用し個人的にメッセージのやり取りを行うことができます。

近年注目されているのがメッセンジャーを使用したチャットボットです。

チャットボット(chat bot)のbotはロボットが語源です。

メッセンジャーを使用しユーザーとのやり取りを自動返答できるようにプログラムされたものをチャットボットといいます。

チャットボットではあらかじめ自動返答できるようにプログラムされているため、効率的にユーザーとやり取りを行うことができます。

実際にチャットボットを導入している企業の事例を簡単にご紹介します。

・求人情報(Wantedly)
自分の希望する条件を入力すると求人情報を表示する

・保険相談(ライフネット生命保険)
保険料の見積もり、自分にあった保険を診断するほけん診断、Q&Aに対応

・医療サービス、症状チェック(オンライン医療時点MEDLEY)
気になる身体症状を入力すると病名の候補を出す

・旅行の問い合わせ(H.I.S.)
旅行の予約やキャンセルに24時間対応

このように簡単な問い合わせやおすすめ商品の提案など自社サービスの初期段階での対応を自動的に行ってくれます。

チャットボットの導入により手間と時間を大きくカットすることができるのです。

Facebookチャットボットの導入の流れ

Facebookチャットボットを導入するためにはプログラミングの知識が必要です。

しかし、チャットボットを提供している企業のサービスやチャットボット作成ツールがあるため、これらを利用して導入することもできます。

外部企業のサービスを利用したとしても、低コストで効率の良いサービスを導入することができます。

一度チャットボットの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Facebookにチャットボットを導入するメリット

ここからはFacebookにチャットボットを導入するメリットをお伝えします。

導入コストが低くチャレンジしやすいチャットボットですが、実際にどのようなメリットがあるのでしょうか。

問い合わせの対応を自動化できる

多くの顧客を抱える企業にとって、問い合わせの電話に対応するためには多くの人数や時間をさかなくてはなりません。

そこで、問い合わせがあった内容をチャットボットに回答させるように設定するだけで大幅な人件費のカットが見込めます。

もちろんチャットボットが全ての問い合わせに対応できるわけではありませんが、問い合わせに自社スタッフが対応する数は大きく減るでしょう。

また、企業だけでなくユーザーにとっても大きなメリットがあります。

多くの企業は自社サイトにFAQのページを用意していますが、ユーザーにとって膨大なFAQページの中から自分の知りたいことを検索するのは時間と手間がかかり面倒なものです。

チャットボットを導入することで、気軽に短時間で回答に辿りつくことができます。

電話での問い合わせよりもチャットの方が場所や時間を選ばないため、ユーザーにとっても大きなメリットであるといえます。

新規顧客の獲得

Facebookメッセンジャーの月間アクティブユーザー数は世界で10億人といわれています。

多くのユーザーが利用しているFacebookメッセンジャーを使うことで新規顧客を獲得する機会が大幅に上がることが見込めます。

またチャットボットを使った会話から新規顧客のニーズを探ることができます。そのため低いコストでリターゲティングを行うことができるのです。

(Facebook メッセンジャー)

顧客とのコミュニケーションの活性化

電話での問い合わせは営業時間や待ち時間があり、利用し難いユーザーも多いのが実情です。

メッセンジャーアプリは時間や場所を選ばずに利用できますし、24時間自動応答ができるため、電話と比べて気軽に問い合わせをすることができます。

ユーザーにとっては企業がより近い存在に感じられ、自社商品の利用機会が上がることも想定できます。

まとめ

新たなWebマーケティングの手段として注目されているFacebookチャットボットについてお伝えしました。

簡単な問い合わせやおすすめの商品など、チャットボットを利用することで人件費の削減につなげることができます。

また、ユーザー側もいつでも気軽問い合わせができることからより多くの情報を得ることができメリットであるといえます。

現在SNSの活用は企業のマーケティング上、非常に重要なものになってきています。

今回ご紹介したFacebookチャットボットの導入を検討し、ユーザーとの距離を近づけていくことも視野に入れてみてください。
Facebookチャットボットとは?導入のメリットと使い方を解説!