B!

Facebookエディター エディターレベルやルーキーバナーとは

Facebookエディター エディターレベルやルーキーバナーとは
「Facebook使用中に、突然質問が表示されたことはありませんか?」これはFacebookエディターと言われる機能で、Facebookの新たな取り組みです。

海外ではとても活発に使われている機能で、日本でも最近質問される機会が増えてきました。

今回は、Facebookエディターについて解説していきます。

Facebookエディターとの関連が強いエディターレベルやルーキーバナーに関しても紹介します。

Facebookエディターはスポットに関する機能

Facebookエディターとは、スポットに関連する機能です。

ユーザーが訪れたことのあるスポットに関する情報が、本当に正確なのかを確かめるために作られているのだろうと考えられています。

というのも、スポットという機能はユーザーが作成できます。

どんな位置の情報でも勝手に作れるため信憑性に問題があるとされているのです。

もしかしたら、悪意を持ったユーザーがわざと誤ったスポット情報を登録しているかもしれません。

誤ったスポット情報はほかのユーザーだけではなく、その施設のオーナー、管理者や従業員にも迷惑をかけることにつながります。

もしかしたらストーカーのような犯罪に使われる恐れもあるでしょう。

FacebookからFacebookエディターに関するしっかりとした説明がありませんが、こういった誤った情報の発信を避けるために、Facebookエディターが活用されていることが推測されます。

Facebookエディターの利用方法

Facebookエディターは、 Facebookを利用していると自動で通知が届きます。

ユーザーが任意でエディター機能を使うことはできません。

急にエディター機能の通知が届くので驚くかもしれませんが、しっかりと回答していきましょう。

大まかなFacebookエディターの利用方法は、以下の通りです。

(1)Facebookエディターの質問が表示される
(2)ユーザーが回答する
(3)Facebookが回答を審査する
(4)Facebookから回答の正誤が通知される

以上が、 Facebookエディターの大まかな利用方法です。

エディター機能は「はい」「いいえ」「スキップ」で答えるクローズ質問が表示されます。

Facebookエディターによる質問で表示されるのは、あるスポット情報に関して「このカテゴリは正しいものですか?」といったような内容です。

この質問に関してユーザーは、「はい」「いいえ」「スキップ」のうちから回答する必要があります。

クローズ質問なので非常に回答しやすいですが、質問される回数が非常に多いようです。

質問の回数に関しては今後修正されていくかもしれませんが、現時点では邪魔に感じるユーザーも少なくありません。

利用するとエディターレベルが上がる

Facebookは、ユーザーがまじめにFacebookエディターの質問を回答するためにエディターレベルという機能を作りました。

Facebookエディターの質問を正しく回答すると、ユーザーは経験値を得られます。

得られた経験値がたまるとエディターレベルが上がり、新たなバナーが手に入ります。

バナーには、ルーキーバナーのような現在のポジションが記述されていて、エディターレベルが上がるとともに上位のバナーが手に入るようになっています。

海外ではすでにエディターレベルがランキング化されており、ユーザーが楽しめる一つの機能として利用されているようです。

経験値が欲しいユーザーはFacebookエディターの質問に正解するような回答を、積極的に行うようになるでしょう。

そうなることで、スポット情報の正確性がさらに向上して、誤った情報がすぐに修正されるSNSになることでしょう。

エディターレベルは、こういったFacebookの健全化に大きく貢献する機能だと考えられます。

Facebookを利用するのなら、ぜひともエディターレベルを上げてみてください。

Facebookエディターはペナルティがある

Facebookから発信される情報の健全にするためのFacebookエディターですが、一つ注意点があります。

誤った回答を繰り返したり、スキップを使い過ぎたりするとペナルティーが課せられる可能性があることです。

誤った回答を繰り返したりスキップを使いすぎたりすると、Facebookから以下のような通知が届きます。

「この機能の利用度が許容レベルを超えています。節度をもってご利用ください。この状況が続いた場合、利用停止となることがありますので、ご注意ください。」

この通知が届いてもなお同じことを繰り返す場合は、実際に利用制限が課されてしまいます。

Facebookエディターの質問に回答する場合は、ペナルティーが課せられないように真摯に回答しましょう。

Facebookエディターは慎重に回答しよう

Facebookエディターによって、Facebookのスポット情報はどんどん正確性が増していくでしょう。

そうすれば、Facebookの情報によるトラブルの減少が期待できます。

しかし、Facebookエディターの質問に誤った回答をすると、ペナルティーが課せられるかもしれません。

重いペナルティーもあるので、Facebookエディターの質問への回答は慎重に行うことをおすすめします。
Facebookエディター エディターレベルやルーキーバナーとは