B!

Facebookのチェックイン機能や活用のメリット、設定方法を解説

Facebookのチェックイン機能や活用のメリット、設定方法を解説
Facebookのチェックイン機能や活用のメリット、設定方法を解説

Facebookは、TwitterやInstagramとともに、企業のマーケティングツールとして注目されています。

運用としてはFacebook広告の活用が主流ですが、別の利用方法を探している企業の方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのがFacebookページで活用できるチェックイン機能です。

コストがかからない上に設定も非常に簡単で、PR・集客効果を得られる便利なツールです。

そこで今回はFacebookのチェックイン機能について、そして企業がチェックイン機能を活用するメリットや具体的な設定方法について解説していきます。

Facebookのチェックイン機能とは

Facebookのチェックイン機能とは Facebookのチェックイン機能とは、自分の位置情報をFacebookのフィード上に投稿できるツールのことです。GPS機能付きの携帯電話であれば、どの端末でも利用することができます。

投稿方法はたった3ステップととても簡単です。

まずFacebookのニュースフィードにある「今なにしてる?」の下部に表示されている「チェックイン」を選択します。

自動で周囲のスポット情報が検出されるので、該当する場所を選択し、「シェア」をクリックすればチェックインの完了です。

ユーザーがチェックインのシェアをすると「〇〇さんは~にいます」という文言とともに、フィード上にその場所の名前と地図が投稿される仕様となっています。

ユーザーはFacebookのチェックイン機能を自分用の記録として使用する方が多いようです。

泊まってよかった旅館やおいしかった外食先など、リピートしたい場所のストックしておけば、忘れてしまったときでもすぐに調べられるので便利です。

企業がチェックイン機能を活用するメリット

位置情報を友達に知らせることができるFacebookのチェックイン機能ですが、企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

何よりも最大のメリットは宣伝効果があることです。

あるユーザーがスポットを投稿し、友達に情報が表示されることにより、自社の認知度を高めることができます。

また、地図も同時に表示されるので、名前と同時にお店の場所を知ってもらうことも可能です。

FacebookはTwitterやInstagramとは異なり、身近な友人・知人とつながっているSNSなので、より関心を持ってもらえる確率が高く、集客に直結しやすいのもポイントといえるでしょう。

チェックイン機能を設定する方法

チェックイン機能を活用することのメリットをご説明したところで、次に具体的な設定方法を確認していきましょう。

チェックイン機能の設定はすべてFacebookページから実施します。

ページの開設が完了していない場合は最初に開設手続きを行うようにしましょう。

チェックイン機能を有効にする方法

ここからFacebookページの開設が完了していることを前提に、チェックインを有効化する手順を紹介していきます。約2分程度で完了する作業なので、ぜひこの機会に実施してみましょう。

①Facebookページのトップ画面に表示されている「いいね!」「フォローする」「シェア」の右側にある「…」をクリックします
②「ページ情報を編集」「インサイトを見る」「ページビジタープレビュー」などの選択肢が表示されるので「ページ情報を編集」をクリックします
チェックイン機能を有効にする方法 ③「情報を編集」画面に遷移するので「住所」欄の「住所がある」にチェックを追加、住所を入力しましょう
④住所入力欄の下に表示されている地図上でピンの位置を調整します。GPSの精度を高めるためにも、できるだけ地図は拡大してスポット指定を行うようにしましょう
⑤地図の下に表示されている「顧客がビジネスの所在地(住所)に来店する(これがオフの場合、住所や地図、チェックインは表示されません)」にチェックを追加します
⑥「変更を保存」をクリックします

チェックイン機能を有効にする方法2 以上でチェックイン機能の設定は完了です。

非公式ページにチェックインが集まっているときは

Facebookページの中には公式ページの開設より前に、非公式のページが作成されてしまっている場合もあります。これは公式ページ作成前に、第三者がチェックインをしたことが原因です。

公式ページではないものの、先に作成されたページのためにすでにチェックインが溜まっていることもしばしばあるます。

できることなら溜まったログをそのまま活用しつつ、公式ページを活用したいと考える方がほとんどではないでしょうか。

そんなときには、非公式のFacebookページと公式のページの統合を実施しましょう。

手続きは非公式のFacebookページのトップに表示されている「このスポットのオーナーの方」ボタンから実施できます。

場合によっては電話確認や事業名と住所が記載された資料の提出が必要になることもありますが、マーケティングツールの一つとして活用していくためにもぜひ行うようにしましょう。

非公式ページとの統合を行うほか、ユーザーがチェックインに利用するページを間違えないために、Facebookページが公式であることを示した認証マークを取得するのもおすすめです。

チェックインの自動検出時に上位表示される効果もあるため、認証マークを取得することで情報分散の防止にもつながります。

まとめ

自分の位置情報を簡単に友達にシェアできるチェックイン機能。

無料で設定できるだけでなく、自社のPR・集客効果を見込むことができる企業にとっても有益なFacebookの機能の一つです。

効率的なFacebookページの運用を行うためにも、ぜひこの機会にチェックイン機能の設定を利用してみてはいかがでしょうか。
Facebookのチェックイン機能や活用のメリット、設定方法を解説