B!

Facebookのタグ付け機能とは?タグ付けのマナーやタグ付け防止策

Facebookのタグ付け機能とは?タグ付けのマナーやタグ付け防止策
Facebookのタグ付け機能は、自分とは友達でいない人に対してもアピールできる上に 多くの人に周知することができる拡散力の強いシステムです。

投稿の内容と関連付けて、自社の商品やサービスの宣伝にも使うことが可能です。

ただし、デメリットも理解をした上で、うまく活用していくことをおすすめします。

Facebookのタグ付け機能とは

タグ付けは、Facebookのタイムラインの投稿や写真データに、該当をしている人の名前を付けることです。

タグ付けによって、投稿内容が多くの人に周知されて拡散されることで、相手との関係性を示すことができる仕組みになっています。

タグ付けをした場合、下記のユーザーに周知されることになります。

・タグ付けを行ったユーザーの公開範囲に該当する友達
・タグ付け受けたユーザー
・タグ付け受けたユーザーの公開範囲に該当する友達

タグ付けの方法

タグ付けをすることで、たくさんの人とのつながりが増えていきます。

写真へのタグ付け

写真をタグ付けする方法はこちら

(1)タイムラインに投稿をするときに写真カーソルを合わせてクリック
写真へのタグつけ1 (2)名前を入力してくださいというテキストボックスと、プルダウンで友達の候補の名前が表示される。
写真へのタグつけ2 (3)名前入力か、プルダウンに表示されている名前を選択し、写真のタグ付けは完了。
一緒に写っている人が誰なのか分かることで、現在どのような活動をしているのか、相手との関係性が分かります。

一緒にいる人をタグ付け

Facebookのタイムラインへの投稿がテキストのみの更新であってもタグ付けをすることが可能です。

テキストのみのタグ付け方法はこちらです。

(1)投稿フォームの下のところに、友達をタグ付けというタブがあります。
(2)友達のところに、「誰と一緒?」という文字があるので、友達の名前を入力します。
(3)記事の編集をして、シェアをクリックすればテキストのみの投稿でも、投稿した内容の一番上に、○○さんと一緒と名前が表示されるようになります。

文中でタグ付け

本文中に一緒にいる人の名前を入力してタグ付けをすることも可能です。

本文中のタグ付け方法はこちらです。

(1)@を入力した後に、一緒にいる友達の名前を入力。
(2)名前の入力中に、プルダウンがでてくるので選択してクリック。
(3)2人目の名前を入力するときには、文章の後に、半角スペースを入力して、@の後に入力をしないとタグ付けが反映されない。
(4)名前の部分に色が付いたらタグ付け完了。

タグ付けには要注意!

タグ付けは多くの人に知らせることができる便利な機能ですが、それゆえに思いがけない人に知られてしまう危険性もあります。

例えば、異性と付き合い始めだったのに、ほかの異性と仲良く写真に写っていてタグ付けされてしまったら、交際相手からは不審に思われてそれが原因で関係が終わってしまうかもしれません。

会社員として働いている方で、例えば、社内規則でSNSの利用を禁止されている場合、友達と一緒に写真に写っていたものをタグ付けされたら、会社から注意をされることもあります。

タグ付けする場合は、相手からの許可を取ってからタグ付けをすることで、相手とのトラブルを未然に防げます。 仲の良い友達との縁をつなぐためには、エチケットが大事であることをしっかり踏まえましょう。

タグ付けを防ぐには?

タグ付けをされても承認制にすれば問題ありません。方法はこちらです。

(1)Facebookにログインをして、右上にある▼ボタンをクリック後に、設定をクリック。
(2)タイムラインとタグ付け設定をクリックして、一番下にある確認へ移動。
(3)タイムラインに表示される前に、自分がタグ付けされた投稿を確認する、をクリック。
(4)オン・オフの切り替えができるので、オンにした後は、閉じる、を押して終了。
これでタグ付けされた瞬間に、アカウントのアクティビティログにタグ付けがされたという報告が入ります。

タグを外すには

相手からタグ付けされても外すことは可能です。

タグを外す方法

(1)投稿内容の右上に「・・・」をクリック。
(2)タグを削除、をクリック。
(3)タグの削除をしても良いのか確認を求められる。
(4)OKをクリックするとタグの削除が完了。
これでタグ付けをされても、外すことができます。

投稿自体の削除を依頼する方法

投稿自体の削除を依頼する方法 途中までタグ付けを外す方法と同じです。

(1)投稿内容の右上に「・・・」をクリック。
(2)タグを削除、をクリック。
(3)タグの削除をしてもよいのか、確認を求められる。
(4)この投稿の報告もしたい、にチェックを入れると削除の理由が選択式になっており、次へ、をクリック。

まとめ

商用利用で無関係の人をタグ付けするとFacebookの運営側から指導が入ります。

有名人や、ビジネスで一緒に活動をしている人とタグ付けをすれば、同じ活動をしている人や、ビジネスに関連している人脈にアピールができるので仕事につながりやすいです。

ただ、タグ付けされたことにより、思いもよらない被害を受けることもあるので、リスクマネージメントの管理をした上で有効に活用をしましょう。
Facebookのタグ付け機能とは?タグ付けのマナーやタグ付け防止策