B!

Facebookのウェーブ機能とは?使い方や注意点を解説!

Facebookのウェーブ機能とは?使い方や注意点を解説!
Facebookのウェーブ機能のことを、ご存じですか?

メッセンジャーで、「ウェーブが送られてきました」と表示され、手を振っているマークが表示されているのを見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

それがFacebookのウェーブ機能ですが、使い方・タイミングなどを理解していない方が少なくないようです。

・どうやったらうまく使える?
・どのように対処したらいい?
・うまく使うコツは?

この記事では、上記の疑問についてお伝えします。

Facebookのウェーブとは?

Facebookのウェーブとは、メッセンジャー上で使える機能で、以下のタイミングで使うことになります。

・友達の承認をしたとき
・友達申請を送り、承認されたとき

「ウェーブ」というのは、英語で「手を振る」という意味。

つまりウェーブは、軽い挨拶という意味合いです。

相手に送るか、また送られてきたときに送り返すかはご自身が選択できます。

ウェーブ機能はどうやって通知される?

ウェーブは送信されてくると、「○○さんからウェーブが届きました!」という通知がきます。

ウェーブが送信されてきたメッセンジャーを開くと、両手のイラストが描かれていて、「ウェーブを返しましょう!」というメッセージが書かれています。

両手のイラストをタップすると、「ウェーブを返す」ことになります。

上記の通り、ウェーブを送るのは軽い挨拶という意味合いですので、届いたウェーブは返すほうがいいでしょう。

挨拶をしたのに、返ってこなかったら悲しいですよね。

送ってきた相手との関係をよくするためにも、届いたウェーブは返すようにしましょう。

ウェーブを送ってしまったとき、取り消しはできるの?

ウェーブの送信は、誤ってタップしてしまいやすい位置にあるので、間違えて送信してしまうこともあるでしょう。

送ってしまったウェーブは、残念ながら取り消すことができません。

送るつもりがなかったのにウェーブを送ってしまうのは、相手によっては恥ずかしかったり、気まずかったりしますよね。

取り消すことはできないので、気を付けるようにしてください。

ビジネスでウェーブを使用するのはアリ?

ウェーブ機能で一番の悩みは、「どんな相手に使えばいいの?」ということだと思います。

ビジネスで関係のある方にウェーブを送るのは、どうなのでしょうか。

結論から言うと、相手との関係にもよりますが、やや軽い印象になってしまうのでむやみに送るのはあまりおすすめできません。

何度もお伝えしますが、ウェーブは「軽い」挨拶です。それができる相手なのか?を考えてみるといいかもしれません。

ビジネスシーンに限らず、あまり親しくない人には使わない方が無難です。

相手に通知がいってしまうので、わざわざ返す手間をかけさせてしまったり、なれなれしい印象を与えてしまう恐れがあります。

加えて、日本ではあまり使うことが浸透していない機能と思われます。急な通知でびっくりさせてしまうかもしれません。

そのような意味でも、あまり親しくない方や、軽い挨拶がしにくい仕事関係の方には送らないほうがよいでしょう。

ウェーブ機能を使いこなすコツは「距離感の確保」

ウェーブ機能をうまく使いこなすコツは、「距離感の確保」をしっかりとすることです。

初対面の方や、あまり関係性を築けていない方に、ウェーブ機能を使うことはあまりおすすめできません。

ただ、上司と部下の間柄で上司から送ったりする場合には、距離が縮まる可能性もあります。

こちらも関係性によりますが……。場合によっては部下から面倒に思われるかもしれませんので、ご注意ください。

やはり、それぞれの関係性次第です。

ウェーブ機能はアメリカでできた機能で、距離感を重んじる日本人にはあまりなじまないところもあるでしょう。

ウェーブ単体で送るよりも、初回のメッセージを送るときに、追加でウェーブを使用するほうがいいかもしれません。

メッセージを送るような関係性の相手なら、ウェーブを使ってちょっとしたコミュニケーションをとれるのはよいことです。

まとめ

Facebookのウェーブ機能について紹介しました。

ウェーブを使うときのポイントは以下のとおりです。

・ウェーブは送られてきたら返す
・むやみに送らない
・ビジネスシーンでは失礼に当たることもある
・メッセージを添えて送るのがいいかも
・送ってしまったウェーブは取り消せないので注意

「送らなかったことで、関係性が悪化する」ということはあり得ないので、ウェーブを送るか迷ったら、送らないほうが無難です。

注意すべきは、送ってしまったウェーブは取り消せないということです。

あまり親しくない方に送ってしまうと、なれなれしいとか、面倒に思われることがあります。

表示されている場所も誤ってタップしやすい場所にあるので注意が必要です。

親しい人に送るのには、ちょっとしたコミュニケーションとして使える機能です。

相手に気を付けながら使ってみてはいかがでしょうか。 (メッセンジャー ホーム)
Facebookのウェーブ機能とは?使い方や注意点を解説!