B!

広告運用やマーケティングを学べるFacebook公式ブループリントとは

広告運用やマーケティングを学べるFacebook公式ブループリントとは
Facebookには登録しているが、現状は遠ざかっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ビジネスツールとしての使い道もあるFacebookは、ページの機能だけではなく、広告手段としても活用できるのです。

そこで今回は、広告の運用に関してFacebookブループリントを活用する方法をお伝えします。

Facebookのブループリントとは

ブループリントとは、設計図や計画を意味しています。

日本では2016年より利用が可能となったコンテンツで、Facebookが公式に提供しているビジネス促進のためのプログラムです。

アカウントさえ作れば、簡単にオンライン上での受講が可能となっています。

利用者は、個人だけでなく法人や団体まで幅広く、日本でも有名な企業が活用した事例も公開されています。

その他にも、今まで広告活用をしてこなかった飲食店の経営者が、設計図を一から作るようにページの作成を行い、お客さんの利用に繋げているといった事例もあります。

ブループリント eラーニング

ブループリント eラーニングとは、自分の都合ではじめられるオンライン形式の講座です。

これからWebを使って広告宣伝に力を入れたい方におすすめです。

目的を選択し、最適なコースを選定してもらうことも可能ですが、一覧から自分で学んでみたい項目を選んで学習することも可能です。

ブループリントLive

ブループリントLive は、1日集中型の対面形式で参加者と一緒に学ぶワークショップです。Liveに関しては招待者限定となっています。

広告関係に勤務されている方でFacebookを活用していきたい方であれば、学びの機会として活用することをおすすめします。

ブループリントeラーニングの特徴

無料で学べる

無料で学べる 2019年2月現在、75本以上のオンラインコースが開設され、年々充実しており、そのすべてが無料で受講できます。

これだけ大きなコンテンツですと基礎を知るだけでも有料であることが多いため、広告運用に関して少しでも興味のある方にはぜひおすすめしたいコンテンツとなっています。

また、Facebookマーケティングについて理解している人が、自分の知識を確認するために認定試験を受けることもできます。(※こちらは有料となります)

この試験に合格すると、認定資格としてデジタルバッジが得られるほか、自身のWebサイトやSNS、メールをはじめとしたさまざまなWebサービスに記載することができます。

初心者にもわかりやすい

eラーニングは、動画コンテンツはもちろん、画像とテキストを交えた形で構成されています。

Facebook広告の基本である広告の出し方から学べて、デザインや管理方法に加えて、慣れてきた方には広告出稿時に設定するターゲットの基準やキャンペーン・セールといった企画による販売促進、見込み客の獲得など専門的な分野についても学ぶことができます。

講座が細分化され効率よく学べる

目的別、カテゴリ別に受講ができるので、既知の内容や使わないカテゴリにまで目を通すことはありません。

クイックリンク機能として初心者向けなのか、中級者向けなのかを表示してくれているため、どの段階から受講すればよいかも選びやすいといえます。

講座のほとんどが15分以内で学ぶことができ、1つの項目が4分程度で終わるものもあることから、忙しい方に最適といえます。

一度受講した講座を、振り返りたいときに繰り返し学ぶことができるのも利点です。

目的や役職別にコースが用意されている

目的や役職別にコースが用意されている 広告代理店・広告主向けのコースも存在しています。

広告のプランナー・バイヤーといった役職別に閲覧数やリアクションのあった回数、ユーザーの趣味・志向の調べ方について学ぶことができます。

ブランドの認知度を高めるための学習コースも用意されているので、基礎知識を持っている方にもおすすめです。

InstagramやMessengerのマーケティングも学べる

InstagramやMessengerのマーケティングも学べる 学習できるのはFacebookの広告だけではありません。

若年層を中心に流行しているInstagramでは、広告を用いて自分が提供しているサービスや商品の紹介をすることができます。

基礎である広告作成の方法や、目的別の使い方のフォローもあるので、今までInstagramに触れたことのない方でも使いこなせます。

また、MessengerではFacebookを使っているユーザーへのアプローチ方法や、レスポンスを早めるための工夫が抑えられています。

コースの例

ダイレクトレスポンス

ダイレクトレスポンスマーケティングとは、広告を発信した後、問い合わせなどの反応(レスポンス)があった人に向けて直接(ダイレクト)、物やサービスを販売していく方法です。

意外と昔から日本に定着している仕組みで、化粧品や健康食品のテレビCMのフリーダイヤルなどが、わかりやすい例です。

ブループリントでは、アプリのダウンロード広告を例に挙げてインストールの促進をしたり、ユーザーの趣味や関心などから戦略を立てたりする方法について学べます。

レポートおよび分析のラーニングパス

ここでは自分が広告を出したときの分析の詳細について知ることができます。

例えばリーチ(閲覧数)と動画閲覧回数、広告単価の見方を解説し、初心者の方向けに広告を出したときの分析結果が一覧で見られるレポート機能についても触れています。

レポートの分析結果を理解することにより、閲覧数に対しての広告単価や、閲覧数に対しての販売数等も判断できるので覚えておいて損はありません。

まとめ

今回はFacebookブループリントについてご紹介しました。

Facebookは使っているが、広告や広告出稿について知らなかった方や、それらを使ったことがなかった方も多いのではないでしょうか。

e-ラーニング形式は、無料で学べるので気軽にはじめられることが利点です。

まずは、ここで広告についての基礎知識を学び、広告出稿やマーケティングの知識へと発展させていくための活用ツールとして使ってみてはいかがでしょうか。

(Facebook ブループリントを受講する)
広告運用やマーケティングを学べるFacebook公式ブループリントとは