B!

企業必見 Facebookソーシャルログインのメリットとデメリットとは

企業必見 Facebookソーシャルログインのメリットとデメリットとは
ソーシャルメディアログインの設定を検討していませんか?

ソーシャルメディアログインは、現在多くの企業が取り入れている機能です。

この設定をするだけで新規登録ユーザーが増加するとまで言われています。

しかし、ソーシャルログインにはメリットと同時にデメリットもあります。

それを知らずにソーシャルログインを設定すると、後悔することになるかもしれません。

そこで今回は、ソーシャルログインのメリットとデメリットを解説していきます。

Facebookソーシャルログインの設定に必要な条件もあわせて紹介しています。

Facebookソーシャルログインとは?

ソーシャルログインとは、SNSのデータを使用してログインするための機能です。

簡単にさまざまなサイトへログインができるため、多くのサイトが導入しています。

従来までは、IDやパスワードを使ってサイトにログインする必要がありました。

しかし、ソーシャルログインでは、IDやパスワードの入力が必要ありません。

ソーシャルログインでは、OAuth(オーオース)という権限を認証するアプリケーションを利用した画期的な方法でログインします。

IDやパスワードを使わずにログインができるだけではなく、悪用されにくい安全な環境でログインできるようになります。

ソーシャルログインはユーザーや企業にとって非常に便利な機能なので、今後は多くのサイトが導入していくことでしょう。

Facebookソーシャルログインのメリットとは?

ソーシャルログインによるユーザーのメリット

ソーシャルログインでユーザーが得られるメリットは、以下の通りです。

・会員登録時の登録フォームに設定してある情報を自動で記入される
・ログインが簡単になる
・二段階認証を利用できる

この中でも簡単にログインできることが、ユーザーにとっての最大のメリットでしょう。

というのも、インターネットサイトにログインするには、IDやパスワードを入力する必要がありました。

IDやパスワードをいちいち入力するのは手間がかかりますし、ユーザーにとっては本当に面倒な作業です。実際にIDやパスワードを紛失して、ログインできなくなった経験がある人は多いことでしょう。

しかし、ソーシャルログインの利用で、IDやパスワードを入力しなくてもログインできます。

複数サイトへのログイン方法が管理しやすくなるので、ログインが簡単になるだけではなく、IDやパスワードを忘れてしまっても問題なくログインができるようになります。

ログインを必要とするサイトは年々増えているので、ソーシャルログインによる恩恵を受けられるユーザーは多いでしょう。

このほかにも、登録フォームに記入する内容の軽減や、二段階認証で今までよりも安全にログインができるなど、ユーザーが受けられるメリットはたくさんあります。

Facebookソーシャルログインによる企業のメリット

Facebookソーシャルログインは、企業にも以下のようなメリットがあります。

・セキュリティ対策へのコストが減らせる
・詳しいユーザー情報を得られる
・新規会員登録の増加
・再訪率の上昇
この中でも、詳しいユーザー情報を得られることに関するメリットが優れています。

従来までのIDやパスワードを入力するログイン方法では、それ以上のユーザーデータが得られませんでした。

ユーザーデータを得るための手段は、登録フォームに入力してもらうかアンケートを取ることが主流でした。

しかし、ソーシャルログインを設定すれば、ソーシャルログインを利用したユーザーのより詳細なデータが取得できます。

例えば、ユーザーの興味・関心がある事柄や、そのユーザーとつながりがあるユーザーの情報など、さまざまな情報が得られます。

得られた情報を商品開発や改良の参考データとして利用すれば、さらに優れた商品開発が期待できます。

また、ソーシャルログインを設定したサイトは、新規会員登録の増加や再訪率が上昇する傾向にあるといったデータもあります。

ソーシャルログインを設定するだけで複数のメリットが得られるので、これからインターネットの集客に力を入れるのなら、ソーシャルログインの設定を検討してみてはいかがでしょうか。

Facebookソーシャルログインのデメリットとは?

ソーシャルログインによるユーザーのデメリット

ソーシャルログインによるユーザーのデメリットは、ユーザーのデータが企業に提供されてしまうことです。

自分の趣味趣向や周辺の人間関係が知られてしまうことは、悪用されなくても良い気分ではありません。

もし、企業にデータが渡るのが嫌ならば、ソーシャルログインを利用しないことをおすすめします。

ソーシャルログインによる企業のデメリット

ソーシャルログインによる企業のデメリットは、ソーシャルログインの設定が複雑で導入コストが高いことです。

企業の人材でソーシャルログインの設定ができない場合は、外注の必要が発生します。

外注する場合は、外注コストとソーシャルログインで得られるメリットを比較して、どちらのほうが大きいメリットなのかを検討するようにしましょう。

また、多くのユーザーデータを入手できるので、ユーザーデータの流出リスクもあります。

情報が流失した場合は、企業ブランドに大きな傷が付くことは避けられません。

情報を流失させないためにも、ソーシャルメディアポリシーの作成や社内教育を徹底するなどの対策が必要になります。

ソーシャルログインを導入する場合はこのようなリスクを把握して、まずは情報管理できる体制を整えましょう。

Facebookソーシャルログインを設定するために必要な条件

Facebookのソーシャルログインを設定するには、技術的な部分以外にも以下のことが必要です。

・サイトのhttps化
・プライバシーポリシーの作成
この2つができていないと、Facebookのソーシャルログインの設定ができません。

Facebookのソーシャルログインを設定するのなら、事前にこの2点を完了させておきましょう。

今後のサイト運営はソーシャルログインを推奨

ソーシャルログインは、ユーザーにとっても企業にとっても魅力ある機能です。

多くのユーザーデータが集まり、新規登録者や再訪問率も上がる傾向にあり、現在よりも多くのユーザーがあなたのサイトにアクセスするようになるでしょう。

しかし、ソーシャルログインの設定は非常に複雑です。

インターネットに関する知識が少ない場合は、非常に時間がかかるかもしれません。

そのような場合に短時間でソーシャルログインの設定を行いたいのなら、ぜひとも「Next Stage」にご連絡ください。

一級品のSNS広告や運用で、素早くソーシャルログインの設定を行えます。

ソーシャルログインの設定に苦戦している場合は、ぜひとも一度状況をお聞かせください。
企業必見 Facebookソーシャルログインのメリットとデメリットとは