B!

アメリカで人気なスナップチャットはビジネスで使うべきか

アメリカで人気なスナップチャットはビジネスで使うべきか
スナップチャットというSNSをご存じでしょうか。

SNS といえば、Facebook、ツイッター、インスタグラムが有名ですが、最近ではプライバシーを大切にしたい若者を中心にスナップチャットが流行しつつあります。

スナップチャットは「送信したスナップを最大で10秒間のみ閲覧可能」というほかにはない特徴があり、ビジネス利用をしているユーザーも増えています。

今回は、そんなスナップチャットがビジネスで使われている理由と、企業にとってスナップチャットはどのような活用方法があるのかについて、実際の活用例も踏まえてご紹介します。

スナップチャットがビジネスで使われる3つの理由

スナップチャットがビジネスで使われるのには、主に、以下の3つの理由があります。

順を追ってご案内します。

・ユーザー数が多い
・ジオフィルターが利用できる
・投稿がすべて期間限定

ユーザー数が多い

現在、スナップチャットは、世界におけるアクティブユーザー数が1億人、1日の投稿数も4億を超えている人気アプリです。

特にアメリカでは、スナップチャットを利用しているユーザーの71%は、18歳から34歳までの若者であるという報告もあります。

企業によっては、若い年代層を新たな顧客ターゲットとして掘り起こすためにスナップチャットを利用している事例もあります。

ジオフィルターが利用できる

スナップチャットには、特定の場所の位置情報をもとに撮影したスナップにイラストやフレームを追加できるジオフィルターという機能があります。

ジオフィルターには、個人用として無料で利用できる「コミュニティ・ジオフィルター」と、有料で商用利用が可能な「オンデマンド・ジオフィルター」の2つの機能があります。

特にビジネス用途としても使われるオンデマンド・ジオフィルターでは、日時・場所(イベント会場など)でフィルターを設定し、その場所に集まってくださった方々に特別なフィルターでスナップを飾ってもらうことが可能です。

飾られたスナップを送られたユーザーは、このようなフィルターがあることに興味を抱くことにもなるので、企業は、イベント来訪者数増加を見込めます。

投稿がすべて期間限定

スナップチャットには、「投稿がすべて期間限定」という特徴があります。

こちらが、ビジネス用途で使いやすいポイントでもあるのです。

企業が投稿したストーリーに興味を持ったユーザーは、次回もその企業のストーリーを見たくなるでしょう。

その場合、ストーリーは制限時間内に見る必要があるため、その分企業に意識を向ける時間が長くなります。

スナップチャットは、「投稿がすべて期間限定」であることにより、企業アカウントのエンゲージメント率(反応率)が上昇しやすいSNSなのです。

ビジネス利用でスナップチャットを使うとき、おすすめの活用方法

スナップチャットをビジネスで活用するときに、相性のよい活用方法を下記の2つをテーマにお伝えします。

・クーポンを発行する
・スクリーンショットされた数で、反響具合が分かる

クーポンを発行する

「ストーリー機能を利用して、フォロワー限定でクーポンコードを配信する」ことは、スナップチャットと相性がいいでしょう。

ストーリーは24時間で消えてしまうため、その希少性からユーザーに対して購買意欲を促進できます。

期間限定でクーポンが発行されることで、毎日見に来てくれるユーザーを増やすことも期待できるようになります。

スクリーンショットされた数で、反響具合が分かる

スナップチャットには、スクリーンショット機能で撮影したときに、スナップを送信したユーザーに撮影を通知する機能があります。

スクリーンショットされた回数は企業も把握できるので、どの程度ユーザーに訴求できたのかを計測ができるのです。

数値として明確に確認できるので、戦略を立てるときに、一つの指標にできます。

実際にスナップチャットが企業に活用された具体例

ここからは、スナップチャットが企業に活用された具体例を簡単にご紹介します。

ドミノ・ピザ

ドミノ・ピザでは、ピザを配達する過程を面白い動画として仕上げ、その中にクーポンコードを隠すことで、ユーザーがさらに楽しめるコンテンツを提供するようにしました。

例えば、配達中に宇宙人にさらわれる場面や、落ちている新聞を拾う際の1コマ1コマにキーワードを配置し、それらのキーワードを合わせることで、クーポンコードを表示させるようにしたのです。

マクドナルド

マクドナルドは、1万4,000ヶ所ある拠点を利用してジオフィルターを設定し、来店促進につなげました。

また、オーストラリアでは、アルバイト募集にて、クルーの制服を着用しているように見えるフィルターを用意し、採用活動の促進にもつなげました。

16 Handles

フローズンヨーグルトチェーンの「16 Handles」は、ユーザーがヨーグルトを食べている写真をアカウントに送ると、16%、50%、100%オフといったいずれかのクーポン画像を返信するサービスを展開しました。

クーポンは10秒で消えてしまうため、使用するときにはお店にいる必要があります。

どれくらいのクーポン割引きになるのか分からない期待感を持ってもらうことで、再来店の促進につなげました。

まとめ

以上のようにスナップチャットには、ユーザーに自社へ関心を持ってもらうための必要な機能が備わっています。

世界的にユーザーが多かったり、投稿がすべて期間限定であったりと、他にない特徴があるSNSです。

有名企業もスナップチャットを使って、一定の成果を挙げた実例があります。

展開中のサービスと相性がよさそうであれば、利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

スナップチャットの導入、効果的な活用方法、運用などでお困りであれば、ぜひ弊社のサービスをご検討ください

App Store:スナップチャット
アメリカで人気なスナップチャットはビジネスで使うべきか